アルバイトでも分かる!退職届の適切な書き方と提出の仕方

通常、アルバイトを退職する場合決められた期日までに
口頭で上司に言うことが多いです。

 

しかし、規則がきっちりしていて厳しい会社や、歴史ある老舗の場合は、
退職届を提出しないと辞めることができない場合もあります。

 

そんな時でも、しっかりと対処できるようにアルバイトでも分かる
退職届の適切な書き方と提出の仕方を紹介します。

 

退職届に必要なもの

 

まず退職届には、主に封筒と白い紙が必要です、
ここで注意が必要なのは、茶色い封筒や、郵便番号を書くことができる
封筒は不適切であるため、白い無地の封筒を用意しましょう。

 

また白い用紙のサイズに合わせて封筒のサイズも揃えます。
封筒から紙がはみ出てしまっては変ですから、
しっかりとサイズに合った封筒を用意しましょう。

 

A4サイズの紙…封筒は長形3号
B5サイズの紙…封筒は長形4号

 

退職届の書き方

 

書く道具は、黒いボールペンもしくは万年筆を使います。
決してシャープペンやマジック、水性ペンなどでは書かないで下さいね。

 

封筒の表の中央には「退職届」と記入します。
裏には、左側に担当名(なければ未記入でもOK)と氏名(フルネーム)を記入します。

 

退職届の文面は、まず右端に「退職届」と記入します。

次に本文を記入します。内容はさきほど見て頂いた文面をそのまま記入して下さい。
※退職日も忘れずに

 

その次に記入した日にち、そして封筒の裏で記入した「担当」と「氏名」を記入します。

最後に、「会社名」。必要であれば店名も記入します。
そして退職届を渡す相手、大抵は店長などの上司ですが、
場合によっては社長などの氏名を記入します。

 

ここまで記入したら、3つ折りにして白い封筒に入れればOKです。
※ちなみに封をしてもしなくてもどっちても大丈夫です。

 

退職届の提出の仕方

 

まず退職届を渡す日は、さきほど記入した日に渡します。
大抵、会社では規則があるため、○○日までに渡すように決められています。
もし分からなかったら、一度確認してみましょう。

 

そして提出の仕方ですが、上司に手渡しします。
ちょっと気まずいと思いますが、これが最も確実でありそれに適切な方法となります。

 

どうしても手渡しが嫌ば場合は、郵送という方法もあります。
ただし、退職届と添え状が必要ですのでお忘れなく!
それに切手も自分で用意する必要があります。

 

だから、手渡しが何かとやりやすいです。

 

まとめ

アルバイトの退職届といっても、基本的に正社員と同じ書き方、そして提出の仕方です。
特別変わったことはないので、適切な方法で行いましょう。

それによっぽとのことがない限り、アルバイトは退職届を提出することはありません。
万が一の時のために、知っておくとよいでしょう。




コメントは受け付けていません。