体力がないから仕事がキツイ!ガリガリで悩む方の改善方法

ガリガリで痩せていると、人と同じ仕事をしていてもすぐにへばってしまったり、
もしくは休憩しないとやっていけない…。

 

そのため、時にはおいていかれてしまい劣等感の毎日…。

人より痩せすぎていると、どうしても筋肉が少なくて体力的にキツく、
特に力仕事を行っている方は、とても悩んでしまう問題です。

 

だからこそ、このガリガリでやせ細った体をなんとかしたい!
そして1人前として、しっかり仕事をこなしたい気持ちが強いと思います。

 

そこで、今回のテーマはガリガリで痩せている方の改善方法を紹介します。

 

自分の体の弱点を知る!

 

いきなり改善策を紹介する前に、まずは自分の体!
つまり体力的にキツくなってしまう弱点を知ることが大事です。

 

というのも、一般的に体力と呼ばれるものは大きく2つあり、
ガリガリの人でも1つは弱点になっていないこともあるのです。

 

その2つが、持久力的な問題筋力的な問題です。

 

持久力的な問題

 

世間一般的に体力と言った場合、専門的な分類で表すと持久力が当てはまります。
いわゆる心肺機能が強く、少ないエネルギーで長時間動くことができます。

 

仕事内容でいうと、長時間立ち仕事や工場での動きながら行うライン仕事など、
常に動いている仕事でこの問題が当てはまりやすいです。

 

意外にも、一部のガリガリで痩せている人のなかには心配機能が発達していることもあり、
この持久力的な問題だけはクリアしていることもあります。

 

筋力的な問題

 

ガリガリで痩せている人のほぼすべての方は、この筋力的な問題に当てはまります。
一般的な人もしくは筋肉があるガッチリした人と比べても、
明らかに筋力差があり、力仕事を行うと歴然の差があります。

 

例えば、引っ越しの仕事、荷物の集配分配業務などでは全然ついていけないといえます。

 

ガリガリで痩せている方の改善方法

 

あなたの体の弱点が分かったところで、次はいよいよ本題の改善策を紹介します。
さきほどの持久力的な問題と筋力的な問題に対してはそれぞれ方法が異なるため、
自分の弱点のみ改善していきましょう!

 

持久力的な問題の改善策

一番の弱点はやはり心配機能の低さです。
これをなんとかしないと、長時間の仕事はやはりキツイです。

 

そのため有酸素運動と呼ばれる長時間トレーニングをする必要があります。

 

例えば、ランニングやサイクリング、水泳が一般的です。
ただし、ややキツイ人ははじめはウォーキングなど軽い運動からはじめてみるとよいです。

 

 

有酸素運動の仕方
  • 時間は1回あたり20~30分 ※徐々に時間をアップしてOK
  • 決められた時間内は休まない
  • 自分の感覚としてややキツイと感じる程度
  • 毎日行う

 

強度がややキツイと感じることは、日常生活よりやや高い運動であり、
一部のキツイ仕事内容を除けば、同じレベルの仕事をこなしていることになります。

 

また心配機能を高める最も適した強度であり、それに適度な負荷で
運動を継続しやすいことも大きなメリットでもあります。

 

筋力的な問題の改善策

見た目から明らかであるように、まずは筋肉を増やすこと!
そして今の2倍以上の物を持てる筋力をつけることが、最大の目標となります。

 

そのためウェイトトレーニング(いわゆる筋トレ)を行う必要があります。
ウェイトトレーニングは、色々な方法があり自分の体重を使った動き(腕立てや腹筋)、
物を使った動き(ダンベルやバーベル)、またマシンを使っても行うことができます。

 

どれもトレーニングの仕方さえ間違えなければ、筋肉が増えていき、
おのずとも筋力も増やすことができます。

 

 

ウェイトトレーニングの仕方(初心者向き)
  • 1回あたり8~12回 ※ギリギリで上げれる負荷
  • 1つの種目に対して3セットは必ず行う
  • 一部分だけでなく全身バランスよく行う
  • 週2~3回が目安 ※連続してやらない

 

ウェイトトレーニングをはじめた頃は、毎日筋肉痛になってしまい、
嫌いになることもあると思います。
しかし時間とともに、同じ重りでも回数が増えてきたり、楽に感じるようになります。

 

すると、効果を体感することでやる気が生まれ、いつの間にかウェイトトレーニングが
楽しくなってくるので、はじめは辛抱の期間!

 

筋肉をつける最大の秘訣は、有酸素運動と同じように継続であるので、
挫折しないようにしましょう!

 

食事調整も必要

 

筋肉を増やすためには、食事からの栄養もしっかりと摂らないと意味がありません。
特にタンパク質やアミノ酸などの栄養素は、絶対欠かしてはいけません。

 

そして脂肪が少ない食べ物をとるように心がけ、ごはんなどの糖質もバランスよくとることで、
筋肉をしっかりとつけることができます。

 

タンパク質が足りない時は?

しっかりと食事を摂っていても、どうしてもタンパク質が足りないこともあります。
そんな時は、サプリメントを使って補充すると良いです。

最近ではさまざまな種類のサプリメントが登場しており、筋肉を増やすための
優良な種類も登場しています。

特にHMBは、最近マッチョの間で有名で、
バルクアップ(筋肉をデカくする)に効果的!
1日でも早く筋肉をつけたい場合は、つかってみるとよいです。

筋量アップ向け!男性に絶大な人気のサプリメントはこちら

 

 まとめ

ガリガリで痩せている方は、まずは自分の弱点を知ることが改善の第1歩となります。

 

そして有酸素運動を行って持久力を高めるべきか?それともウェイトトレーニングと
食事をしっかり摂り、筋肉を増やすべきか?場合によっては、両方行うべきか?

 

すると、あなたの体はガリガリから細マッチョ!
いやマッチョへと近づくことができます。
そうすれば、体力的な問題から解放されあなたの悩みからもおさらばですね。




コメントは受け付けていません。