そもそも短期アルバイトって何?通常のアルバイトとの違いが丸わかり!

短期アルバイト!?
名前ば知っているけど、正直普通のアルバイトと何が違うの?

 

アルバイトでもちょっと特殊である短期アルバイト!
名前はよく耳にするけど、経験したことがない方はイメージがよくつかめませんよね。
そこで短期アルバイトとは、一体何なのか?
言葉の意味はもちろん、通常のアルバイトとの違いをご紹介していきます。

 

まず名前の通りに、短期間限定のアルバイトとなります。
短期といっても特にいつからいつまでが短期アルバイトというわけではなく、
1日でも1ヶ月でも短期アルバイトのくくりとなります。
しかし一般的に各求人サイトをみると、1日~3ヶ月ほどが短期アルバイトと呼ばれます。

 


そのため通常jのアルバイトとの大きな違いは、期間が限定していること。
大抵勤務初日に労働契約書を記入するのですが、その時に必ず期間が記載されています。

 

このように期間が決まっていることは、イメージしやすかったと思います。
でも短期アルバイトは、期間だけが違うわけでなないのです。

 

仕事内容が大きく違うことが当然!

簡単なアルバイトをやる女性

 

次に実際の仕事に関してですが、期間が限られていることもあって
アルバイトに対する指導は、思っている以上に深く指導されることが少ないといっていいです。
そのため仕事内容においても、簡単な仕事を任せられます。

 

これは企業側から見たら、一時的な助っ人であるため即戦力と考えていないということや、
現状の社員やアルバイトをサポートしてもらいたいという思いもあり、
簡単な仕事を割り振られることが多いです。
ですので、短期アルバイトでも難しい仕事をやると思っていた方は、ご安心下さい。

 

また他にも社会保険や、有給休暇に関しては企業によってさまざまです。
これはそれぞれの企業によるため、気になる方は応募の際に聞いておくとよいですね。

 

このように短期アルバイトについてまとめてみると、期間が限定されていて
基本的に簡単な仕事が多いことが特徴的です。
そして通常のアルバイトよりは、イメージ的にはやりやすいといえますね。

 

 




コメントは受け付けていません。