アルバイトでも圧迫面接がある!対応と注意点でうまく突破するには?

圧迫面接というのは、就職活動や転職活動だけだと思っていたら大間違い!
アルバイトでもあるって知っていましたか?

 

アルバイトの面接は、人柄を見る簡単なテスト!
そんな感じであなたもとらえていませんか?
私も、圧迫面接を体験するまではそのように考える1人でした。

 

しかしアルバイトでも、圧迫面接というのは確かに存在します。
しかも短期アルバイトでもあるため、もう驚きとしかいいようがありません。

 

もしアルバイトの面接をこれから受ける予定がある方は、気をつけて!
もしかしたら圧迫面接かもしれません。
うまく切り抜けるためにも、対応の仕方や注意点を事例を知っておくとよいです。

 

圧迫面接の意図

圧迫面接

 

そもそも、面接には色々なやり方があるにも関わらず、なぜ圧迫面接を行うのか?
ちょっと不思議ですよね。
これには深い意図があって、企業も行っています。

 



それはストレス度合いをチェックしているのです!

 

最近では、正社員だけでなくアルバイトでも過度なストレスによって鬱になる方もいます。
またストレスが弱い方も増えてきており、ちょっとしたことで辞めてしまう場合もあります。

たとえ能力があってもストレスが弱いばかりに、長期的に働くことができなくては
会社にとっては痛手になります。

そのため、事前にストレス度合をチェックすることで精神的にも優れている人材を
選ぼうとしています。

 

圧迫面接の事例と対応の仕方

圧迫面接を受ける人

 

まだ圧迫面接を受けたことがない方は、どんな感じで面接をするのか?
あまりイメージがわきにくいと思います。

そこで私が実際に体験した圧迫面接の質問を、いくつか紹介していき
その対応の仕方も合わせて紹介してきます。

 

 「あなたは当社に合っていないよね。」

 


【対応の仕方】

今は、まだ能力が低いために貴社の戦力にすらなっていないと思います。
しかし経験や知識を高めることで、相応しい人材を目指していきます。

 

 「なんであなたみたいな人が当社に来るの?」

 


【対応の仕方】

貴社のサービスがとても高く、多くの方に知ってもらいたいという強い気持ちから
私も貴社のサービスを広めたいと考え応募しました。
まだ能力が低いかもしれませんが、認めてもらえる人材を目指します。

 

 

 「いくつかの会社を退職しているみたいですよね。
どうせすぐに辞めるんでしょ?」

 


【対応の仕方】

退職をしていますが、資格の取得や能力のアップという前向きな退職であり、
マイナスというわけではありません。
またすぐに辞める気は一切なく、貴社で能力や経験を高めていきたいと考えています。

 

 「未経験だけれどやっていく自信であるの?」

 


【対応の仕方】

未経験ではありますが、やる気は人一倍あります。
それに何事でも学びそして吸収し、経験を1日でも早く高めていきたいと思います。

 

 「もし不採用だったらどうする?」

 


【対応の仕方】

なぜ不採用であったかどうか?振り返り、
次に向けて課題や対策を考えていきたいと思います。

 

 

このように、普段こんなことを言われたらイラっとすることばかりですよね。
しかし対応を見て分かる通りうまく切り抜けることができました。

ではあなたもどのように対応すれば、うまく切り抜けることができるのか?
これには、ちょっとした注意点があります。

 

圧迫面接の注意点

ガッツポーズする男性

 

先ほども記載したように圧迫面接というのは、ストレス度合を見る面接となります。
これが目的であるため、対応の仕方もそれに合わせて行えばよく
注意点さえおさえておけば、簡単に切り抜けることができます。

特に次の3つの注意点は、頭に入れておいて下さいね。

 

  • 普段通り平然と答えること
  • 決してキレないこと
  • 暴言を吐かないこと

 

圧迫面接で最悪なことは、キレて暴言になり面接官とケンカになってしまうことです。
あまりにもヒドイと、手が出てしまうこともあることでしょう。

しかしこれはただのテスト=ストレスを見ているだけと思って面接受ければ良いので、
真剣になって相手と戦う必要はありません。

普段通りの口頭、そしてイメージトレーニング通りに対応すれば全く問題はありません。

 

圧迫面接はどんな職種や業種にあるの?

会社

 

まず私の経験の場合、大手企業のにサービス業に多いと感じます。
これは全国的にある有名企業であると、お客さんも多くそして接客する回数も自然と増えます。
そうするとちょっと変わったお客さんもいるため、そのような方に対しても
うまく対応できるかどうか?そのため圧迫面接を行うと思われます。

 

また友人や知り合いの話を聞くと、大手企業は共通ですがカタイ企業は、
まだ圧迫面接の傾向があるようです。
昔からのカタイ人がわざとやっているのでは!?と思えるほど、
一部の企業では毎回行っている噂もあります。

 

まとめ

圧迫面接というのはストレス度合いを見ることが目的であるため、
決してキレずに、平然と答えれることが大事です。

また圧迫面接を行うということは、逆に考えればあなたのことをよく見ている証拠でもあります。
深い面を知ることで、会社に本当に合っているのか?
最終審査の1つでもあるといえます。

だから、圧迫面接がきたらラッキーと思い前向きに考えていくとよいでしょう。

 




コメントは受け付けていません。