入退室のマナーは必要?アルバイトの面接でも知って得する注意点!

アルバイトの面接でも使うことができる基本的な入退室の仕方から注意点まで、
知らない方のためにまとめて解説しています。

 

アルバイトの面接で、まず最初に見られるポイントが入退室のマナーです。
ちょっとした行動ではありますが、あなたの行動を見る大切なポイントであり
それはあなたそのものを評価します。

そして本題の志望動機などを言う前に、変に評価されないためにも
最低限の入退室のマナーは知っておく必要があります。

 

入室の仕方(ドアの前)

面接のノック

 

面接において、この最初の入室がつまずいてしまうと気分的にも下がり、
後々の面接官へのアピールにおいても引きずりかねません。
そのため、最初の出だしが何よりも大切です。

 

 まずはドアを3回軽く叩きます

 

強すぎてしまうと、面接官にうるさく思われてしまうため自然な感じで軽く叩きます。
また2回ではなく3回叩くことはトイレのノックと区別するためでもあります。
人によっては、この回数が2回であると不快にさせあなたの評価を落としかねませんので、
要注意です。

 

入室の仕方(ドアに入ってからの行動)

面接の入室

 

ドアをノックすると、「どうぞ」と合図があります。
もし合図が無ければ、聞こえていないためもう一度3回ノックします。

 

一礼

 

 入室して「失礼します」と一言挨拶

 

この時挨拶する時は、面接官の目を見てハッキリ言いましょう。
もし複数いる場合は、真ん中の人に言うのがポイント!
たまにやってしまう悪い例として、ドアの近くの人に言うこと。これはNGです。

 

また挨拶に関しても、45°しっかりとした角度をして丁寧に行うことが大事!
口と行動を共にして行いましょう!
そして一瞬お辞儀を止めて行うと、あなたの印象も高くなります。

 

入室の仕方(ドアに入ってから閉めるまで)

ドアを閉める

 

 ドアをゆっくり閉める

 



特にやってしまう悪い例がここです!
体の向きを変えず、手だけで閉めることはマナー違反です。
見栄えがよくなく、それに入室において最もやってはいけないことであるため気をつけましょう!

 

それにドアの閉め方も大事です。
勢いよくバタンと閉めることは、乱暴に見られてしまうだけでなく
なんとなく気分が悪いような印象を与えます。
丁寧に静かに閉めましょう!

 

入室の仕方(入室後の行動)

椅子の横に立つ

 

 歩いて椅子の左側に立ち、もう一度挨拶

 

ドアからゆっくりと椅子に向かって歩きます。
決して走らず、落ち着いて行動しましょう!
そして椅子の横で、もう一度挨拶を行います。

 

あとは面接官が、「どうぞお掛け下さい」と言われたら、指示に従って座れば問題ありません。

 

退室の仕方(椅子の横の行動)

椅子の横で一礼

 

面接が順調に進み、最終的に面接官から「以上で面接を終了します。」といった
掛け声があったら、行動の開始です。

 

 椅子の左側に立ち、挨拶と一礼してドアに移動

 

この時、「本日はありがとうございました。」「失礼致します。」の二言は忘れずに!
ここでも落ち着いて、早口にならず言いましょう。

 

退室の仕方(ドア近くの行動)

ドアの前で挨拶2

 

ドアの近くでもう一度挨拶と一礼

 

ドアを開ける前に、面接官の目を見ながらもう一度挨拶を行います。
ここでも45°の角度を保って、一礼をしましょう!

 

退室の仕方(ドアを出た後の行動)

面接の退室

 

 ドアをゆっくりと開け静かに出てからゆっくりとドアを閉める

 

退出においての最後の行動となります。
気が抜けて手だけで閉めることや、バタンと強く閉めないように
最後まで注意して行動しましょう。

 

案内スタッフがドアを開けてくれる場合

面接によっては、案内人が面接会場までエスコートしてくれるだけでなく
ドアも開けてくれることもあります。
基本的な入退室とちょっとパターンが違うため、一瞬戸惑うかもしれませんが、
入退室の方法は基本的に同じです。

 



ノックがなくなったため、代わりに挨拶が加わります。
案内人に対して、丁寧に「ありがとうございます」と伝えましょう。

 

まとめ

 

入退室のマナーは、面接において基本的な行動の1つです。
アルバイトだけでなく就職活動や転職活動でも同じであるため、
忘れないようにしっかりと覚えておくと良いでしょう。

 

そうすれば、どんな場面でもあなたの行動は正しく見られマナーにおいては問題ありません。
自信を持って下さいね。

 




コメントは受け付けていません。