ウソは短期アルバイトの面接でもダメ!だけど盛ると受かりやすい?

短期アルバイトの面接でウソを言うことは当然いけないけど、
グレーゾーンのテクニックを紹介していきます。

 

短期アルバイトの面接では、あなたと企業の条件や働き方をお互い話し合い
確かめる場でもあります。
当然、真実を話すことが当たりまえであり、ウソというの絶対ダメ!

 

もしウソをついてそれによって採用されたとしても、後々そのウソがバレ、
信用を失うのはあなたです。
そして、居心地が悪くやめることになるため、面接では本当のことだけを言う必要があります。

 

とは言っても、本当のことばかりではなんだか採用されそうもない…。
また条件が厳しいから、ちょっと面接でアピールしたい方もいると思います。

 

そんな時は、ウソを言うのではなくほんのちょっとだけ盛ればOK!

 

これは、グレーゾーンのテクニックであるので、賢い方は使っている方もいます。
だから、ほんの少し使ってみるのもよいでしょう。

 

盛る範囲は限られている!

喜ぶ男性

 


盛るということは、あなたの真実のことをちょっとだけ付け足せば良いのです。
ただし、何度も言いますができもしないウソは絶対ダメです!

 

では、ちょっと例をあげてみましょう。

 大まかにパソコン操作が最低限できる


パソコンの作業レベルにおいて、やや盛る言い方です。
大まかというのがポイントであり、あなたのスキルレベルをちょっと誤魔化すことができます。

 

 基本的に土・日曜にもシフトに入ることができます。


シフトに多く入りたい場合、やや盛る言い方です。
基本的にというのがポイントであり、毎週ではないことを少し誤魔化しています。

 

簡単な2つの例ですが、曖昧な言葉を使うことでやや盛る言葉に変化しましたよね。
ちょっと受かる可能性が近づきましたね。

 

 

ただし、ここで使うやや盛る言い方ですが2つの注意点があります。

 



 曖昧であるため、突っ込まれる可能性がある!
 盛りすぎる範囲を超えるとウソ!になる

 

この2つは、特に頭に入れておいた方が良いです。
特に1つ目の突っ込みは要注意!
ビビって答えられなくなったり、矛盾した答え言ってしまうと逆に印象が悪くなります。

 

このようにグレーな範囲であるので、良くも悪くもあります。
そのため、十分に注意し面接時に使用することですね。

 




コメントは受け付けていません。