不安症だって短期アルバイトはできる!働くうえで必要な大切なこと

私は不安症だから、短期アルバイトでもすごく心配…。
そんなあなたに勇気を持って読んで頂きたい記事になります。

 

私はさまざまな短期アルバイトをしていたため、色々な方に巡り合う機会がありました。
例えば、心の病をもつ方もその1人です。
その方は精神的な心の病でも、不安症の1つである強迫性障害をもっていました。

 

最初は私自身も、その方に対してちょっと仕事を気にする人だなと思っていました。
これは私だけでなく、大多数の方が同じように感じていたと思います。

 

大抵、心の病の方って見た目では全然分かりませんよね。
だから、同じように働いていると少し目立ち、場合によっては偏見にあうこともあることでしょう。
もしかしたら、あなたもそんな経験ががありませんか?

 

でもこれは、あなたが悪いわけではありません。
だって、不安症というのはあなたがなりたくてなった病気ではなく、
心と体が逆行してなってしまっため、あなたを責める必要はありません。

 

でも、不安症をもっているからといってうまく働けないといわけではありません。
たった1つの大切なことをしっかり行えば短期アルバイトはもちろん、
通常のアルバイトや転職など、仕事以外のさまざまな環境においても
行うことができます。

 

勇気は必要!でも絶対必要な大切なこと!

女性が伝えたいこと

 

さきほどの私が出会った強迫性障害の方は、実はある1つの最も大切なことを
みんなに打ち明けてくれました。
その出来事は、私だけでなく周りのみんなもその方に対しての見方が変わり、
気遣いが増え、やがて誰もが仕事がやりやすい環境に変化していきました。

 

その最も大切なことこそ、不安症の方は勇気を持って行わなければならないことであり
仕事を行ううえでも大事なことになります。

 

それは、自分が不安症ということを打ち明けること!

 

これは、とてつもない勇気が必要です。
だって、打ち明けることで嫌われるのではないか?と感じることでしょう。
人間だから、人に嫌われることは絶対嫌ですよね。

 

でも。これを言うかどうかであなたの仕事への取り組み方が変わるだけでなく
過ごしやすい環境にも変化していきます。
でも1つ注意です。それは言うタイミングがあるということ!

 

適切なタイミングt伝えればあなたも周りもそして企業も円満!

手を差し伸べる女性

 

最も適切なタイミングは、短期アルバイトを行う前であればまず面接時です。
働くということは。まずは企業にお世話になることになります。
企業の方に、本当のことを伝えないということは企業側とのミスマッチが起こるからです。

 

これはその企業で働くうえで、あなたと企業の人物条件が合っているかどうか?
また、あなたが気分よく過ごしやすい環境かどうか?

主に2つを、企業側が判断するからです。

 

当然打ち明けるということは、不採用になるということもあります。
でも、それはガッカリする必要はなく、むしろ前向きに考えると良いです。

 



それは、事前に企業があなたのために守ってくれたということ!
これはとても重要なことなんです。

 

だって、企業が不安症を考慮せずに採用してしまったら、
辛い目にあるのはあなただからです。
それを未然に防いでくれたということは、ラッキーと考えてよいと思います。

 

次に短期アルバイトが見事採用が決まったら、次は職場の方に対して
打ち明けるタイミングです。

 

これは初対面の時に、まずは上司に伝えておくのが良いです。

 

これは、上司があなたに対してのベストな仕事の割り振りを行ってくれるため、
あなたも仕事がやりやすくなることでしょう。
そのため、仕事に対して深く考える心配が減ります。

 

そしてその他の同僚に対しては、徐々に仲が深まってきた段階で伝えるとよいです。
これは初対面でいきなり伝えてしまうと、病気そのものを知らない方もいます。
そんな方は、あなたに対する見方が変わってしまうため様子を見て判断するとよいです。
場合によっては、伝える必要もない環境もあるため判断が大事です。

 

 

このように、あなたが不安症だということを必ず伝えておくと気分もとても楽になります。
だって、ずっと不安だらけでは仕事も手がつきませんよね。
だから、まずは気持ちから整理することが大切です。

 

また冒頭で紹介した強迫性障害の方とは、季節限定の短期アルバイトで
楽しく一緒に働かせてもらいました。
特に不安症の方は、登録性アルバイトのように毎回違う現場では人も変わるため
気分も不安になると思います。

 


だから、はじめて短期アルバイトを始める場合、
最初は働く環境が固定されている職種や、季節限定の短期アルバイトなどから
はじめてみると、人が固定されているため働きやすいと思います。

 

【職種が豊富で環境に合った条件が探しやすい】↓

 アルバイトを探すなら「バイトル」
バイトル

 




コメントは受け付けていません。