アルバイトで選ぶならどっち?やりたい仕事と求人条件の決め方

いざアルバイトをはじめてみよう!と思った時に、少し考えてしまうことが
アルバイト選びの基準です。

 

例えば、自分がやりたい仕事があるのに求人条件が悪かったり、
その逆のパターンもあります。

 

そんな時、どちらの基準でアルバイト先を選べば良いのか?
少し悩んでしまいますよね。

 

そこで、あなたがアルバイト選びで後悔しないためにも、
やりたい仕事と求人条件の関係、そして適切な選び方について紹介します。

 

あなたのアルバイト選びの基準は何か?

やりたい仕事を重視しようか?それとも求人条件を重視しようか?
少し迷ってしまったら、まずは一度冷静に頭を切り替えて
次のことを考えてみて下さい。

 

あなたが最も重要視する基準は何か?

 

これが分かれば、どんな職種や求人であろうとも
あなたに合ったアルバイト先を見つけることができます。

 

よく分からない!そんな方は、例えば次のような基準もその1つ!
やりたい仕事と求人条件について、それぞれ並べてみましたので
参考にしてみるのも良いでしょう。

 

やりたい仕事を選ぶ基準

  • 自分のやりがいがあるアルバイトを選びたい!
  • 専門職で経験をつみたい!
  • 自分の好きな仕事を楽しみながらやりたい!

 

すべてに共通することは、自発的に好きな仕事を選んでいます。
そして、上記のような基準がある方は意識が高い証拠です。

 

そのためどんなに求人条件が悪くても、あなたがやりたい仕事があるのであれば、
その好きな仕事をアルバイトとして選んだ方が良いです。

 

求人条件を選ぶ基準

  • とにかくお金を稼ぎたい!
  • ちょっとした空き時間に働きたい!
  • 短期間だけ働きたい!

 

こちらの共通点は、特定の仕事が決まっていないことです。
そのため、その目的に対する条件され良ければ、どんな仕事でさえも
選ぶことができます。

 

仕事そのものに対する意識は低いですが、目的に対する意識はとても高いため、
必ずあなたに合った条件は見つけやすく、そして選ぶやすいといえます。

 

基準の選び方で変わる!モチベーションと期間の関係

アルバイト選びの基準は人それぞれです。
そしてどちらも優劣つけることはできません。

 

ただし、1つだけ知っておいて欲しいことがあります。
それが仕事に対するモチベーションと期間の関係です。

 

  • やりたい仕事重視の場合→モチベーションが高く長期的に働ける
  • 求人条件重視の場合→モチベーションが低く短期的しか働けないことが多い

 

まず、アルバイト選びでやりたい仕事を選ぶ場合、
好きな仕事であるからモチベーションはとても高いです。

 

そのため、少し嫌なことがあっても好きな仕事をしている限り、
そんなことは気になりません。そしてモチベーションも変わりません。
だからこそ、自然と長期的にアルバイトを続けることができます。

 

しかし求人条件を重視した場合、割り切って仕事をすれば良いですが、
少し嫌なことがあるとモチベーションが下がったり、
別の何かの目的が達成されれば一気にモチベーションが無くなります。

 

例えば、お金を稼いで欲しい物を買いたい!
そんな動機の場合は、典型的な例です。

目的が達成されれば、もう意味なし!
だから、長続きに働くことができず短期的に終わります。

 

 

1つのアルバイトを長く続けるかどうかは人それぞれですが、
基準の選び方次第で、モチベーションが大きく変わることだけは
よく覚えておいて下さいね。

 

まとめ

アルバイトをやりたい仕事で選ぶべきか?それとも求人条件で選ぶべきか?
どちらを重視するかは、あなたの基準によって変わってきます。

 

その基準さえ分かれば、どんな仕事であっても選ぶことができます。

 

ただし、この基準の選び方次第ではあなたのモチベーションが大きく左右されます。

 

長期的に働きたいのであれば、やりたい仕事を重視して選ぶべきであり、
短期的で問題ないのであれば、求人条件を重視して選ぶと良いと思います。




コメントは受け付けていません。