待遇が違う!長期の登録制アルバイトはフリーター向け?

以前の記事で、登録制アルバイトでも一部の会社の条件を除いて、
長期的も働くことができることを紹介しました。

 

その時の話のなかで、長期に働いている大半がフリーターであり、
しかも1年以上はもちろん、長い人であると10年というとんでもない人まで
いたことをお伝えしました。

 

長期も可能?登録制アルバイトの期間とあまり知られていない休止制度!

 

では、なぜフリーターが多いのか?
その理由は、働いているうちに気づいた大きなメリット!
特に待遇について、こっそり紹介したいと思います。

 

長期で登録制アルバイトをやるメリット!

特に大きなメリットとしては、次の3つの大きな待遇の違いです。

  • 時給が桁違い!
  • 仕事が比較的に楽!
  • 社員になりやすい!

 

この3つのメリットは、通常のアルバイトと違って大きな違いがあり、
比べてしまうともうありえない!と思ってしまうこともしばしば!
では、どれだけ変わるのか?詳しく紹介していきます。

 

時給が桁違い!

最も大きなメリットがコレ!もう普通じゃありえないですよ!
通常、一般的な時給というと800~900円だと思います。

 

しかし、登録制アルバイトを長期に行っていると、
ランクアップしてチーフなどとなって昇格します。

 

その時に、時給の査定が行われアップするんですが、最高にアップすると?
時給2,000~2,500円ほど上がり、通常の時給の2倍~3倍になってしまうんです。

 

だから、下手をすると社員よりも1ヶ月の給料が高くなり、スゴイことに!
もうウハウハ気分になってしまうんです。
だから、長期でもフリーターで辞めない方が登録制アルバイトに多いです。

 

仕事が比較的に楽!

長期になると、大抵の方がチーフという役職に昇格します。
チーフというのは、アルバイトリーダー的な存在となり、まとめ役になります。

 

例えば、イベント会場のセッティングの場合、今まで体を使って
必死で力仕事ばかりしていたことが、チーフになることによって、指示役に変更!
そのため、重い物を運ぶことが減り。指示を出すだけの楽な仕事になります。

 

だから、頭は使いますが体力的には超楽!

 

社員になりやすい!

長期に働いていると、色々な仕事を覚えていつの間にか社員と同じくらい
仕事ができるようになってきます。

 

そうなると、自然と社員昇格という話がやってきて、社員の道が開いてきます。

 

会社によっては、多少昇格テストなどを行うと思いますが、
明らかに外部からの転職者や、新卒と比べても受かりやすくなります。

 

長期の登録制アルバイトがフリーター向けである2つの理由!

長期に登録制アルバイトをやればやるほど、大きなメリットがあることが
よく分かったと思います。

 

しかし、学生よりもフリーターが多いのはなぜだと思いますか?
それには、登録制アルバイトならではの特徴があって、
フリーターだからこそできる2つの大きな理由があるからなのです。

 

時間の自由がきく!

フリーターの最大の特徴がコレ!
学生と違い、時間に対して自由度が大きく違います。

 

例えば、登録制アルバイトでは早朝の数時間から日中の数時間など、
ちょっとした仕事もあります。

 

日中となると、学生はもちろん授業!これは無理ですよね。
しかし、フリーターであれば時間の自由度がきくため、数時間でもOK!
アルバイト人事担当者にとっても頼みやすく、自然と信頼されるようになります。

 

連勤が可能!

登録制アルバイトは、さまざまなイベントの仕事が多いのですが、大抵は土日です。
しかし、準備は平日で行います。

 

フリーターであれば平日も関係なしに働くことができますが、
学生であると授業があって働くことができません。

 

クライアントであるイベント業者としても、平日から土日まで
同じ人が働いてもらう方が仕事を教えやすくやりやすいです。

 

だから、自然とフリーターが優遇されるようになります。

泊まり込みの仕事もあり、フリーターは明らかに有利です。

 

まとめ

登録制アルバイトは、長期的に働ければ働くほど待遇が変わり
メリットも大きいです。

 

特にフリーターは学生と違って、時間の自由度が大きく違うため、
短時間から連勤までさまざまな条件の仕事をこなすことができます。
そのため、働く回数が増え自然と役職も昇格しやすいです。

 

だから、今現在フリーターであれば、登録制アルバイトも
やってみるのも良いでしょう。
もしかしたら、今以上の待遇になるかも!?




コメントは受け付けていません。