一般的な辞め方とは少し違う?登録制アルバイトを辞める方法

短期アルバイトでも特殊な登録制アルバイトは、一般のアルバイトと違って
辞める時も少し方法が異なります。

 

そのため、一般のアルバイトと同じような方法で辞めたつもりでも、
実は辞めれていない…。
そんな人を、たまに聞きます。

 

そこで、今回は登録制アルバイトという特殊な職種の場合、
どのように辞めればいいのか?適切な方法を紹介していきます。

 

登録制アルバイトは辞めるタイミングで手続き方法が変わる!

登録制アルバイトの場合、人によってはたった1回の仕事をしただけで
辞めることもあれば、1年以上じっくり続けることもあったり、
まれですが登録しただけで一度も働かず辞める方もいます。

 

そのため、辞めるタイミングはバラバラであり、そして手続きの仕方も変わってきます。

 

1回の仕事で辞める場合

登録制アルバイトに登録したものの、1回限りで辞めたい場合は
面接にその旨を伝えればOK!

 

そうすれば雇用契約書においても、雇用期間が1日のみとなって契約されるため、
手続きもスムーズに進めることができます。

 

また、辞めることを伝えることって、気まずいですよね。
特に何回も顔を会わす相手であると余計に気まずいものです。
しかし、初対面であればそんなの関係なし!精神的に気楽といえます。

 

複数回の仕事で辞める場合

登録制アルバイトを行っている会社は、アルバイト人事担当がいます。
その方は、日頃から登録をしている方と連絡を取りながら勤務場所の決定や、
シフトの作成などを行っています。

 

そのため、あなたが登録制アルバイトを辞めたい場合は、
まずはこのアルバイト人事担当の方に伝える必要があります。

 

伝える手段は、会社によって少し異なりますが
一般的には電話で辞める旨を伝えることが最も適切な方法となります。

 

1回も仕事をせず辞める場合

登録をしたものの、自分に合った仕事がなく泣く泣く辞めることもあると思います。
そんな時でも、基本的にはアルバイト人事担当の方と連絡をとる必要があります。

 

方法としてもさきほど紹介したように電話で辞める旨を伝えると良いです。

 

そうすれば、たとえ1度も仕事をしていなくても簡単に辞めることもできます。

人によっては仕事の依頼を無視し続けていた場合、怒らえることもあります。

登録制アルバイトを辞める場合の注意点

 

通常のアルバイトと違って、登録制アルバイトでは現場が毎回異なります。
そのため、担当する社員はもちろん委託するスタッフも毎回変わってきます。

そして登録しているアルバイトスタッフは何百人といて、
しかも毎回変わってくるため、現場の社員は1人1人を完全に把握していません。

 

そのため、あなたが登録制アルバイトを辞めたくて現場の社員に言ったとしても
意味がなく辞めることができません。

 

だから、必ず事務所のアルバイト人事担当者に連絡するようにしましょう!

 

あと、常識的なことであるため、ここでは詳しく紹介しませんが、
登録制アルバイトに関わらずすべてのアルバイトに共通する2つのことだけは、
必ず守って下さい!

 

できて当たり前!できなかったら、あなた自信の行動、いや人格が疑われますよ!

登録制アルバイトでも同じ!社会人として常識
  • いきなりバックレないこと!
  • 勤務日が決まった後に言わないこと!

 

まとめ

登録制アルバイトは、通常のアルバイトと違って辞める方法が少し異なります。
特に辞めるタイミングによって、手続き方法が少し変わってきます。

 

しかし、伝える相手は共通です。
必ず、適切な相手であるアルバイト人事担当者に伝えましょう!

間違っても、現場の社員には言わないようにしましょう。
絶対辞めることができませんから…。

 

そうすれば適切な相手に伝えることで、手続きもスムーズに進めることができます。
そして安心して辞めることができますよ。




コメントは受け付けていません。