特徴さえ知ったらこっちのもの!シフトに多く入る方法とは?

シフトの日数は、あなた次第で大きく変えることとができる!
そんなの可能なの?

 

短期アルバイトの中には、シフトを組んで勤務する場合があります。
大抵社員がそれぞれの現場の状況をみて、各人員をうまく配置し
1ヶ月間の勤務人数を決めるわけなのですが、このシフトによっては全く入れない!
もしくは希望通りの日数を、勤務できない!そのような方もいることでしょう。

 

短期アルバイトでも、最低限の日数に入り稼ぎたいものです。
しかし企業の現場状況や、他のスタッフの兼ね合いもあってうまく勤務できない場合もあります。
これは1つの悩みごとでもありますよね。
そこで、今回はシフトを多く入る方法を紹介していきます。

 

シフトの作成はというと社員さんが行うため増やせれないと思いますが、
心理戦などを使ってうまく行えば、十分可能です。
とはいってもちょっとしたコツがあるので、それを使っていかないとうまくいきません。
ではどんなコツが必要なのか?

 

大きく勤務態度のアピールと現場状況の判断に分かれてきます。

 

日頃の勤務状況がシフトに反映する!

短期アルバイトを頑張る姿

 

当たり前のことですが、短期アルバイトでも仕事です。
能力が高い人ほど、会社側からみたらもっと働いてもらいたいためシフトに多く入れます。
そのため、まずはある程度能力が必要になります。

 

しかし一番にできる必要はありません。3番手や4番手でもいいのです。
問題はしっかりとアピールすることで、認めてもらう必要があります。
例えば仕事の中でも、ちょっと難しいことや人があまりやりたがらない仕事を進んでやるのも
1つの方法です。また何事でも積極的に仕事をしていくだけでも、やる気があると思われるため
社員さんもこのような態度に一目おきます。

 

ほんの少しでも構いません。
社員さんに積極的にアピールするとよいでしょう。

 

周りが見えていればこっちのもの!

シフトで分かる現場状況

 

仕事をある程度慣れてくると、周りがうまく見えてきます。
特に忙しい時間帯や、人員が少ない時間帯があると思います。
そのような時間帯が分かっていたら、大チャンス!
希望シフトを提出する際に、そのような時間帯や曜日にピンポイントに入れてみると良いです。

 

会社側からしたら、最も人が欲しい時に積極的に入れたいものです。
そんな時に、シフトを希望しているあなたを積極的に入れる可能性は最も高くなります。
さらに社員さんも心理的な感情が働き、困っている時に助けてもらったので
恩返しとして通常の時間帯にもプラスしてシフトに入れてくれます。

 



これは人が困っている時に助けられると、何か恩返しをしなければならないという
心理が働くため、このような結果になりやすいです。

 

以上、大きく勤務態度のアピールと現場状況の判断について紹介してみました。
少しでもシフトに多く入りたい方は、積極的に活用してみるといかかでしょうか?
今までと違ったシフト状況になりますよ!

 




コメントは受け付けていません。