アルバイトでもジムが使い放題?インストラクターの体験談

アルバイトでも専門的な分野があります。その1つがジムでのインストラクターです。
私の場合、知識があったこともあってやりたかった職種の1つでもありました。

 

一般的にはあまりアルバイトとしてもやる方は少ないと思います。
でも、ジムが使い放題といった噂があると、なんだかやってみたくなる職種でもあります。

 

では一体本当のところどうなのか?
インストラクターの仕事内容はもちろん、噂話の真相など紹介したいと思います。

 

私が行ったインストラクターの募集要項

職種 インストラクター・受付業務
時給 800円 ※該当資格がある場合はUP
交通費 全額支給 ※一部を除く
時間 9:00~21:00 ※4時間から可
期間 週2日から可
条件 18歳以上 ※未経験者可
福利厚生 施設内の使用

 

まずとても気になるのが時給です。
一般的に、スポーツ業界は他の業界と比べると圧倒的に時給が低いです。

 

私の場合、資格をもっていたため少しアップしたものの、
本当に未経験ではじめてインストラクターをやる方にとっては不満があると思います。

 

ただし、他の業界と比べると勤務時間に対して融通がききやすいです。
勤務時間も4時間程度から始めることができ、基本的にシフト制であるため、
自分の都合の良い時間帯で働くことができます。

 

面接状況

面接形式 個別面接
面接官 1人
時間 約30分
主な内容 志望動機、資格、経験など

 

私の場合、面接は思っている以上に長かったです。
志望動機から始まり資格や経験、そして雑談など幅広いことを聞かれました。

時間にして約30分ですが、アルバイトとしては本格的な面接であったといえます。

 

私が思うに、インストラクターは主にサービス業であるため接客が要求されます。
そのため、人間性を深く審査していたと思います。

 

例えば、敬語やマナーといった接客における最低限のことが身についているかどうか?
また、私のキャラ(色)が、ジムに合うかどうか?など。

 

インストラクターの体験談

私がアルバイトしていたジムでは、インストラクターと受付が併用されていたため
どちらでも働く必要がありました。

 

そのため、器具の使い方やトレーニングの仕方、受付の流れなど幅広く覚える必要があり、
やや大変でした。

 

しかし、キッチリとしたマニュアルがあったため覚えやすいことや、
社員さんも経験ある良い人であったため、丁寧に教えてもらうことができました。

インストラクターにはどんな仕事がある?
  • 器具の使い方(マシンやダンベルなど)
  • トレーニングの仕方
  • 体力測定
  • グループ指導
  • カウンセリング(メニュー作成)
  • 接客
  • 受付
  • 掃除など
ジムの施設状況によりますが、他にプールの監視も行うこともあります。

 

インストラクターという専門的な職種であるため、他の業界と違って
共通的な仕事が少ないです。
そのため、はじめて学ぶことが多いといえます。

 

特にトレーニングの仕方や器具の使い方は、トレーンニング経験者なら覚えやすいですが、
全く未経験の素人であると覚えることが多すぎて苦労すると思います。

 

やってよかったこと

まず、ジムが無料が使えること!これは何よりも大きいです。
私の場合利用できる時間帯が決まっていましたが、自由に好きな器具やトレーニングが
できるため体力作りには最適!運動不足の解消にもなりました。

 

また個人的に、人見知りがしにくくなったことです。
インストラクターは接客が中心であるため、何が何でも人と話さないといけません。
しかも、お客さんははじめて見る人ばかり!

 

そのため、繰り返し接客することで人見知りという抵抗感が無くなり、
誰とでも話せるようになりました。

 

これは思わぬ出来事であり、人間的にも成長できたといえます。

 

大変だったこと

接客が中心であるため、誰とでも平等に接することが何よりも難しかったです。

 

私がアルバイトしていたジムの場合、比較的に安い値段で利用できるため、
色々なお客さんがやってきました。

 

例えば、マナーが無い人、自己中な人、上から目線の人など
理不尽なお客さんはとても接客しづらいです。
あまりにも態度が悪いため、ムカつくこともしばしばありました。

 

そんなことがあってもキレずに、平常心をもってサービスを行わないといけないため、
ストレスが異常に貯まりました。

 

汗とにおいがヤバイ!

ジムはトレーニングをする場所であるため、汗をかくことは当然です。
しかし、夏になるとこの量がとてつもなく増え、時には滝のようになる
お客さんもいます。そしてそこから異臭が…。

だから、生理的に汗やにおいが苦手な方は、とても辛いといえます。

 

これからインストラクターをやりたい方へ

インストラクターは専門的な職種であるため、もともとトレーニング経験や
知識がある方ははじめやすいといえます。
また、接客が好きな方や話が得意な方にとってもやりやすいでしょう。

 

仕事は覚えることは多いです。
しかしジムを無料で使用できることは何よりも嬉しいところ!
体力作りにもなるから、健康な毎日を過ごせることができますよ。




コメントは受け付けていません。