絶対教えてくれない!アルバイトでサボる7つの口実や頻度

急に別の大事な用事が入ってしまい、どうしてもアルバイトを
休まなければいけないことってありますよね?

 

そんな時、考えるのがサボる口実です。

 

どうすればウソとバレないだろうか?
そして頻度がどのくらいなら安全なのか?
色々考えてしまうものです。

 

そこで今回は、他人が絶対教えてくれないブラックな悩みである
アルバイトのサボる口実について、頻度とともに紹介します。

 

こっそり教える!7つのサボる口実

まず最初に言っておかなければならないことがあります。
ここで紹介するサボる口実については、本来であれば絶対使ってはいけないものです。

 

これはウソをついてアルバイトをサボることは、社会人としても失格となります。

 

このことを肝において、最後の手段としてつかってみて下さい。

風邪を口実にサボる!

最も典型的なサボる口実になります。
そのため、年3回までが限度としてつかえます。

 

特に使いやすいのが、インフルエンザのシーズンと夏風邪です。
この2つのに関しては、高熱が出やすいためサボる口実としては最強です。
そして鉄板ネタでもあるため、一番つかいやすいです。

 

ただし、間隔をおいて使うことがポイントです。
頻繁に使うと確実にウソとばれるため、注意です。

結婚式を口実にサボる!

身内の結婚式に関して、文句を言う会社はありません。

 

ただし、結婚式というのは予定が決まっているため、
アルバイトに関しても急には休むことはできません。

 

そのためシフトを組む時に、どうしても休みたい時につかうのが
最もベストな方法となります。

 

頻度しては、年1回が限度となります。

葬式を口実にサボる!

結婚式とともに、冠婚葬祭は鉄板なサボる口実の1つです。

 

不謹慎であるため、ここで紹介する7つの口実のなかでも最後の手段です。
できたら使わず、他の口実を使いましょう!

 

頻度としては、年1回が限度です。

身内が体調を崩す口実でサボる!

葬式と同じように不謹慎な理由であるため、できるのであれば使わない方が良い
口実になります。

 

主に、体調を崩して倒れたもしくはケガをしてしまい付き添いが必要など、
理由を言ってサボる方法となります。

 

頻度としても、年1~2回が限度です。

持病を悪化口実にサボる!

もし持病をもっているのであればつかえますが、ない場合はウソがバレバレになるため、
つかわないほうが良いです。

 

例えば、喘息もちの方は気をつけていてもなりやすいです。
そのため、普段から体調がよくない方はつかいやすいです。

 

頻度しては、個々によりますが年1~3回が限度といえます。

自宅の被害を口実にサボる!

この口実はウソがばれやすいため、できたら使わない方が良い口実となります。

 

例えば、空き巣に会ったことや泥棒に盗難された、また水道が破裂したなど
滅多に起こらないことをつかいます。

 

頻度としても、年1回つかうかどうかです。

自分が事故を口実にサボる!

ウソバレバレになりますが、使えないわけではない口実となります。

 

例えば、交通事故に遭い軽症だけれど、念のため病院に行かないといけないなど。

 

よっぽどのことであるため使いづらいですが、1つの方法です。
頻度としても、年1回つかうかどうかです。

 

サボる口実をつかう時の注意

さきほど紹介した口実を、頻繁につかうとウソがバレバレになります。
そうなると、あなたの信頼はガタ落ちになり、最悪クビになりかねません。

 

そのためつかわないことが最もベストではありますが、
どうしてもサボらないといけない場合は、自己責任でつかってみて下さい。
そして頻度も考え、あなたの信頼を失わないようにして下さいね。

 

まとめ

アルバイトをサボるということは、本来あってはならないことです。
しかし、個人的な理由でどうしても休まないといけない場合は、
最後の奥の手としてつかいます。

 

しかし、サボる頻度が多いとあなたの信頼を失うため、自己責任になります。




コメントは受け付けていません。