これはやりづらい!アルバイト中にサボる常習犯を発見したら?

アルバイトをしていると人というのは、性格というのものが出てきます。
その中でも問題となるのが、サボりの常習犯の存在です。

 

特に、社員に見つからずうまくやっているサボり犯!
このような人が、私のアルバイト経験上やはり何人かいました。

 

では、あなたもそんなサボる常習犯に出くわした時、一体どうしたらいいのか?
最適な対応方法について紹介します。

 

はじめてサボる人を見かけた場合

まずアルバイトという環境のなかでは、役職による上下関係があります。
当然、社員がトップにいてそれに続いて準社員、バイトリーダー、一般のバイトといった
感じで上限関係が存在します。

 

そのためサボる人がどの役職かによって、対応の仕方が変わってきます。

社員がサボる場合

社員より上の役職がいる場合は別ですが、基本的に社員がサボっていたら、
これは対応のしようがありません。

 

アルバイトという役職が低いあなたが何を言おうとも無駄です。
社員は一切耳を傾けず、あなたの意見を聞いてくれません。
そして、サボることは続きます。

 

だから、社員がサボっていたら、もうお手上げ!どうしようもできません。
私個人の意見としては、サボる社員がいる職場はろくなところではありません。
キッパリと辞め、別のところでアルバイトをすることをオススメします。

バイトリーダーがサボる場合

アルバイトを長くやっていると、仕事を覚え人よりよくできるようになりますが、
その反面、勘違いしてサボり癖になるバイトリーダーもいます。

 

もしバイトリーダーがそうなってサボっていたら、直接注意してはいけません。
あなたより経験が長くそれにプライドがあるため、聞き耳をたてません。

 

そのため、社員に内緒で報告しましょう。
そして後で、怒ってもらうことも!
そうすれば、常識ある人であればその後サボり癖は無くなるはずです。

 

 

バイトリーダーにチクリがバレないのか?

スタッフが少なければバレやすいですが、大抵あなたも含め複数います。

そのため、誰が言ったのか?
社員が言わなければ分かりにくいです。

また、最近では防犯上カメラを設置しているところが多いです。
だから、社員がカメラを見てバレたと思うことが自然となります。

 

一般のアルバイトスタッフがサボる場合

一般のアルバイトスタッフは、職場での地位が最も低いです。
そのため、誰が注意しても問題ありません。

 

だから、あなたがサボる人を発見して気づいてしまったら、
躊躇せずビシバシと注意しても構いません。

 

もし気が引けるなら、バイトリーダーもしくは社員に報告してもOK!
こちらの対応の方が、最も楽な安全策となります。

 

サボる常習犯の場合

サボることが一度に限らず、常習犯になっている方は、こちらから何を言っても
本人が変わる意思がない限り、サボり続けます。
だから、もうお手上げ状態です。

 

転勤や部署移動がある環境であれば、それまで待つしか方法はありません。

 

しかし、大抵そのような人は、上から目をつけられ誰もが気づくような形で、
変化があります。

 

例えば、シフトの回数を減らされてしまったり、任せられる仕事が無くなるなどが
一般的な方法となります。

そうなると、サボる本人も気づきその職場でいづらくなります。
そして自然と自ら退職するため、いつの間にかサボる人がいなくなっていきます。

 

まとめ

アルバイト中にサボる人を発見してしまったら、相手の役職との兼ね合いを考え
適切な行動をしましょう!

 

またサボる常習犯は、もう何を言っても意味がありません。
上からの対応がくるまで待ちましょう。




コメントは受け付けていません。