アルバイト先にキレやすい人がいる!安全に関わるには?

通常のアルバイトに限らず短期アルバイトでも、ちょっと変わった人はいます。
特に遭遇しやすいのが、キレやすい人です。

 

仕事ですから、どうしても関わらないといけませんが、
なるべくうまく過ごしたいものです。

 

そこで、キレやすい人とうまく関わるにはどうしたらいいのか?
安全な関わり方についてご紹介します。

 

キレやすい人の特徴を知る!

キレやすい人とうまく関わるには、まずは相手のことを詳しく知る必要があります。
特に、次の条件を探ることでとキレるポイントを理解できて、
あなたも心構えがしやすく、そして対応しやすくなります。

 

いつキレやすいのか?
  • 血圧が低い出勤したばかり
  • 仕事はじめの午前中
  • 飲食店であれば昼
  • 疲れが貯まっている午後など
どんな時キレやすいのか?
  • 仕事がたまっている忙しい時
  • キレる人が苦手な仕事をしている時
  • ミスをした時
  • 接客した後など

 

キレる人がいる時のあなたの関わり方

キレる特徴が分かったうえで、次はあなたの関わり方ですが、
まずは、基本的な関わり方としては相手がキレるキレないに関わらず共通になります。

 

それは、なるべく同じ空間にいないこと!
※同じテリトリーにいないこと

 

え!これはちょっと無理かも…と思いますが、テリトリーは同じ部屋はもちろんですが、
同じ作業も1つのテリトリーになります。

 

例えば、キレる人がある仕事をしてる場合、同じ作業をせずに
あなたは別の作業をすることで、共同作業を行うことは無くなります。
そのため、キレた時の被害を受けることが無くすことができます。

 

これは基本であり、そして最大の安全策であるため被害を受けないためにも、
できるだけキレる人のテリトリーに踏み込まないようにしましょう!

 

もしキレる人に被害を受けてしまったら場合

キレる人のテリトリーに入っていなくても、時にはとばっちりや巻き添いをくらって、
キレられることもあります。

 

そんな時の必殺技としては、口実をつけて逃げること!

 

例えば、社員が呼んでいたのですぐに行かないといけないことや、
お客さんが待っているため、早く仕事をしないといけないなど、
別の第三者を使うことで、その場から逃げると良いです。

 

そうすれば、キレる人の最大限の怒りから逃れることができます。

 

逃げれない場合

口実がきかない時や、あまりの怖さに逃げれないこともあると思います。
そんな時は、ただひたすらキレる人の言葉を受けること(聞いているフリ)、
そして決して反論しないことです。

言葉を発させることで怒りを解放させ、そしてストレスを減らさせることで
正常心に戻させます。

 

相手にキレられると、あなたもムカつき逆キレになりやすいと思います。
しかし、ここはグッとこらえて言い返さないようにしましょう。

 

もし言い返してしまうと、逆にケンカになりさらに厄介なことになります。
そしてお互い面倒臭くなるため、要注意!
あなたは、大人の対応をしましょう。

 

まとめ

アルバイト先にキレる人がいる場合は、まずは相手の特徴を知ること。
そして同じテリトリーにいないことが、最も安全な関わり方です。

 

そうすれば、とばっちりや巻き添いといった被害を受けることなく、
平和に仕事を行うことができます。
そして、変なストレスからも解放されることでしょう。




コメントは受け付けていません。