これは困った!アルバイト先の社員とケンカした後の対応

時には、アルバイトにとって社員は厄介な敵になることがあります。
命令口調の傲慢な指示や、ミスをした時の罵声などさまざま!

 

そして何回も言われてしまうと逆キレしてしまい、
最後にはケンカになってしまうこともあります。

 

そしてケンカをした後に気づくことは、やってしまった…という後悔。
こうなってしまっては、もう後戻りはできない…。

 

次にケンカした社員と会った時は、どんな顔をしたらいいのか?
困ってしまいますよね。

そこで、今回はアルバイト先の社員とケンカした後の、
良好な対応の仕方についてお答えします。

 

まず知っておいてもらいたい大切なこと

ケンカした後に対応する前に、まずは自分の立場についてよく理解してもらいたいことがあります。

 

アルバイトというのは、社員より立場が低いものです。
これはすでに知っていて、当たり前のことです。
しかし、ケンカしてしまった方はこのことについて忘れがちになります。

 

だから、自分の立場を考えずに社員とケンカしてしまい、
あとあと大変なことになり、自分の首を絞める結果に…

 

そのため、いくら社員が悪くても、自分の立場を考えて
ケンカをするべきではありませんでした。
これを踏まえて反省し、次に紹介する良好な対応すると良いでしょう。

 

ケンカした後に最初にやるべき対応や行動

社員という強い立場の相手とケンカしてしまったら、あなたがやるべき行動はたた1つ!

 

まず最初に、謝罪をするべきです。

 

え!?社員の方が悪いのに謝るべきでない!と思うかもしれませんが、
ケンカしてしまったことで、社員の時間(貴重な仕事をする時間)を
奪ってしまったことも同時にあり、あなたの責任になります。

 

このケンカした時間が、例え数分であったとしても
社員はメールのチェックや伝票のチェックなど
ちょっとした時間で仕事を行うことができたのです。

 

だからこそ、あなたは謝罪するべきです。

 

そして次の2点は、確実に伝えるようにしましょう!

  • ケンカした時の問題行動の反省点
  • ケンカが原因で社員の時間を奪ってしまったこと

 

あなたの誠意が伝われば、常識ある社員であれば許してくれます。
そして、その後も良好な関係を再び続けることができることでしょう。

 

謝罪しても許してもらえない場合

あなたが誠意ある行動をしたにも関わらず、許してもらえない…。

最悪なことに、無視されてしまったり、嫌がらせなどといった
ヒドイ仕打ちを受けるハメになってしまった場合は、次の行動に出る必要があります。

 

それは、アルバイトを辞めるべきです。

 

これは、このまま最悪な環境にいたとしても、あなた自身が活躍できる可能性は低く、
何よりもあなたが働きづらいといえます。
このまま、こんなアルバイト先にいたとしてもあなたの未来や才能が勿体ないだけです。

 

ここから先は、私個人の意見であり愚痴にもなるため、気分を害される方は
文章を飛ばしてもかまいません。

誠意ある行動を許さない社員は問題!※個人的な意見

正直、アルバイトとケンカすること事態
社員は問題がありますが、
何よりも誠意ある行動をしたにも関わらず、
不快な態度をすることは人としても問題です。

このような社員と一緒に働いたとしても
プラスになることは少なく、
むしろマイナスばかりといえます。

 

まとめ

アルバイトというのは社員より立場が低く、ケンカはご法度です。
ムカつくことがあっても逆らわず従い、仕事をしましょう!

 

もし社員とケンカをしてしまったのであれば、謝罪が第一!
許してもらえなければ、アルバイトを辞めることが、
あなたにとっても会社にとってもベストな選択肢になります。




コメントは受け付けていません。